始める前にしっかり調べて安心仮想通貨

>

見逃せない仮想通貨のデメリット

犯罪被害の温床になり得る

仮想通貨をめぐるトラブルに関しては、仮想通貨の何たるかを知らない方でも報道などで知っていることでしょう。
有名芸人が仮想通貨に投資して10万円程の失敗をしたという事例や、詐欺被害などそのデメリットは様々です。
例えば仮想通貨は、メリットで紹介した通り、特定の国や銀行に所属していません。
つまり誰でも発行できるのです。
ここが狙われるポイントのひとつ目です。
誰でも発行できる、つまり発行したかのように装われることで詐欺被害が横行しやすいという特徴があります。
仮想通貨の世界は、まだ新しい投資市場であるため未成熟です。
誰でも始められるけれど、それに対する対策や管理体制が整っていないのです。
だからこそ仮想通貨を始める前に、信用性があるものかを自分の目で確認する必要があります。

法整備はいまだ成長段階

仮想通貨はそもそも取引所で購入したり、換金したりすることで開始できます。
この取引所ですが、先に説明した通り仮想通貨市場自体が未だ未成熟であるということは、取引所も未発達段階なのです。
つまり不安定であるため、つぶれる可能性がありこうした危険性をはらんでいるのです。
このため仮想通貨の取引所が閉鎖したり、つぶれたことで全財産が潰れたなどと言う報道がなされ、ここから仮想通貨が危険という印象が先行したとも言えます。
こうした事態を受けて、2017年に取引所は金融庁の許可を受けるという仮想通貨法案が施行されました。
とはいえ法律はあくまでも取引所に向けて為されたものであり、仮想通貨のユーザー向けに設けられたものではありません。
法律だけでなく税金に関しても同じことが言えます。今なお法や税に関する整備は整っていないリスクの高い市場なのです。
でもリスクが高いからこそ希少性があるともいえるという訳なのです。


この記事をシェアする